治療休暇

監督:梅澤和寛

「今を生きる」ことが出来ない現代の若者に捧げるリアルで新しい青春映画

あらすじ

自動車整備会社で働いている西村(月亭太遊)は戦力外と見なされているが、本人にはそんな自覚もなかった。長期の休暇を取らされるが、その理由すら分からない西村に、優しい上司の吉崎(中川晴)は、痩せて体力をつけて社長を見返してやれとダイエットを勧める。西村は、いったんダイエットを決意するが、講座初日にフラッと逃げ出してしまう。そんな中、西村は旧友の内藤(上岡郁)と久しぶりに再会するが…

キャスト

月亭太遊

上岡郁

中川晴樹(ヨーロッパ企画)

宮脇りな

大島夏乃 

武田幸子 

川田陽子 

渡辺博行

スタッフ

監督・脚本/梅澤和寛 

撮影/高木風太『堀川中立売』『若きロッテちゃんの悩み』

照明/秋山恵二郎Playback』『ジャーマン+雨』

録音・MA/宮井昇『新世界の夜明け』『大和川慕情』

メイク/柿原由佳 

室内美術/寄川ゆかり 

衣装/泉尾理江

制作/藤田白依 田北祐哉 

助監督/髙木駿一 山田紘平

編集/木村莉菜

アコーディオン/かとうかなこ

 

2012年/日本/85分

監督プロフィール

 

梅澤和寛

1985年大阪市出身。ビジュアルアーツ専門学校大阪を卒業し、CM・VPの制作会社に勤める。

退職後、自主映画『都会の夢』(高木駿一監督)で助監督をし、自身が監督する短編『男』で黒澤明記念ショートフィルム・コンペティション2008に入賞。また『響く日々』で阿倍野ヒューマンドキュメンタリー映画祭入賞した後、しばらく映像業界から離れる。今回が自身初の長編映画となる。