Dressing UP

監督:安川有果

あらすじ

桜井育美は父親と二人暮らしの中学一年生。授業で「将来の夢」について考えるという課題が出るが、自分の未来を想像することが出来ない。「母親のような立派な人になりたい」というクラスメイトの発言を聞いた育美は、死んだ母親がどういう人だったのか興味を持ち始めるが、ある日、隠されていた母親の過去を知ってしまう。

キャスト

祷キララ(「堀川中立売」「神聖かまってちゃんPV」)

鈴木卓爾

佐藤歌恋

渡辺朋弥

平原夕馨

デカルコ・マリィ

スタッフ

監督・脚本・編集 安川有果

撮影 四宮秀俊

照明 大嶋龍輔

録音・整音・音楽 松野泉

美術 塩川節子

衣装 金井塚悠香

メイク 北川恵里

特殊メイク 仲谷進(KID’S COMPANY)

制作統括 濱本敏治

制作 横田蕗子 草野なつか

助監督 福田良夫 清水艶

 

2012年/日本/70分

監督プロフィール

安川有果(やすかわ ゆか)

 

1986年生まれ。大阪美術専門学校で映像制作を学び、09年桃まつりpresentsうそにて「カノジョは大丈夫」を監督。渋谷ユーロスペース他にて上映される。この作品を参考作品に、11年大阪映像文化振興事業CO2(シネアスト・オーガニゼーション・大阪)に出した企画が通り、「DressingUP」を監督。主演の祷キララがCO2新人俳優賞を受賞した他、ドイツ・ニッポンコネクションで上映された。昨年沖島勲監督の新作の現場にメイキングで参加。