3人の監督が大阪で作り上げた全く違う3つの“CO2”

2004年から始まったCO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)は、これまでに石井裕也監督(『舟を編む』公開待機中)や横浜聡子監督を筆頭に、多くの若手監督を映画界に送り出してきた。近年では今泉かおり監督作品『聴こえてる、ふりをしただけ』が第62回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門にて「子供審査員特別賞」を受賞し、昨年全国でロードショー公開された他、CO2助成作品『やくたたず』の三宅唱監督は、この作品がきっかけとなり、第65回ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門正式出品『Playback』を監督。映画芸術誌で年間ベストテンの第三位に選出されるなど、大きな話題を呼んでいる。

 

そして今回上映する作品は大阪で2012年に発表された第8回作品。2011年5月 大阪市での撮影を条件とする企画募集を開始。選考委員には、黒沢清(映画監督)、山下敦弘(映画監督)、アレックス・ツァールテン(映画研究家)ほかを迎え、選ばれた3つの作品は全く異なる作風の作品が揃った。